転職するなら給料アップを目指しましょう

転職する際のポイントとはどんなものがあるのでしょうか。

今の職場で何かトラブルがあった、スキルアップをしたい、他の仕事をしたい、年収を上げたいなど色々あると思います。しかし、私がおすすめするポイントは給料アップを目指して転職をするというものです。ある程度の年齢になると、役職が上がらない限り大幅な年収アップを達成することはできません。

しかし、転職時に年収アップをすることは容易です。特殊な職種や能力を持っている人は転職時に年収アップが見込めます。私の業界の場合、100万円年収アップは常識で、いついつまでに入社すると100万円ボーナスということもあります。

特殊な職種でなくても、管理職でマネジメント経験のある人であれば、年収アップはしやすいです。特に設立してからそれほど年数が経過しておらず、管理職がすくないような企業であれば、なおさら年収アップを達成しやすいです。

今の会社があわない、上司ともめた、新しいことがしたいといった理由で会社を辞める人も多いですが、お金は一生涯付きまとうもので、多くていただいて困ることは決してありません。自分だけの生活ではなく、家族の生活がかかっているようなら、転職する際は年収アップを目指してください。

思い切って転職をしたら…

前職は建築関係の会社で事務をしていました。

建物が好きでその会社に入りましたが、仕事が終わったら自分の時間に使いたかったので早く仕事が終われそうな事務にしました。新卒で入社したので社会人して1年目で、会社というものがどういうものなのかまだ良く理解していませんでした。

ところが、入社1日目で「残業になるけどもう少し頑張ろうね」ととんでもない言葉を言われました。定時で帰れないことにも驚きましたが、入社したばかりだかりなのに残業を強いることにも驚きました。もちろん残業代は出ません。会社ってこういう場所なんだ…と落胆しました。

それから約2年。自分の時間を増やしたく転職を決意しました。初めての転職だったので、転職活動は思っていた以上に大変ではありましたが無事転職先が見つかりました。転職先はもちろん完全週休二日です。

そして、入社日。どんな職場の雰囲気か、一緒に働く人はどんな人なのか、仕事はどういうのを任されるのかと色々ば不安がありましたが、出社したらそれらの不安は一気に吹き飛び「転職して良かった」と思いました。労働環境も良く、職場の人の人柄も良く満足です。転職して自分の時間を持つことができて良かったです。

何度も転職をして思ったこと

私は社会人3年目になりますが、恥ずかしながら既に何回も転職をしています。

最初新卒で入社した会社は、労働時間が一日に16時間から19時間だったために半年間でギブアップしてしまいました。次に入社した会社は、給料が提示額の半額になったため契約と違うということで退職しました。

次に入社した会社は、天下り部長に「やはり女性はいらない」と言われて解雇になりました。更にその次に入社した会社は、水道が出なかったり粗大ごみが溢れていたりして不潔だったため、肌がただれてしまい退職しました。そして、派遣の仕事で働きながら転職活動をしていたところ、今の会社に内定をもらうことができました。

このように私は、社会人3年目にして何回も転職をしています。あまり誇れたことではないですが、転職を通して学んでことはたくさんあります。まず、女性の中途採用はかなり厳しいということです。女性というだけで、結婚したら辞めるかもしれないと思われてしまいます。

社会の風潮は厳しいと思いました。次に思ったことは、求人票と現実は差が大きいということです。実際入ってみないと何も真実はわかりません。最後は女性の営業職希望はなかなか決まらないということです。私は営業職希望でしたが、男性社会ということもあり厳しいものがあります。

半日だけの仕事

過去にしていたアルバイトの話です。午後からある仕事の勉強と研修をしていたため、午前中だけできるアルバイトを捜していました。しかしお金をしっかり稼ぎたいので、少しでも多い時間働きたくて、朝早めの時間から働けるところを探していました。アルバイト求人誌で一件気になったのが、デリバリー弁当屋さんの求人です。

とりあえず連絡をし、面接に行ったところ、配達要員としては午前9時から12時前までの勤務しかない、と言われました。これでは稼げないので、「もう少し時間を多くできるアルバイトを捜していたんですが」と担当者に伝えると、それなら、本当は主婦専門なんだけど、調理のほうの仕事は朝6時台からあるから、それをやってみるか、と提案され、採用となりました。

それで、6時頃から主婦のパートの人達に交じって慣れない調理、盛りつけをし、それを仕上げると荷造りをして急いで配達、という毎日が始まりました。特に始めの頃は配達先を覚えるのが大変で、一人で回り始めたばかりの頃は何度かミスをしてしまいました。配達を忘れるということは、つまりお昼になっても弁当が届かないということです。お客さんもお昼休みの時間は限られているし、お腹はすいているしで、かなりクレームは厳しいものになります。

上司からはかなり強く怒られるし、翌日お詫びに行ってお客さんからまた強く怒られます。その後慣れていっても、かなり限られたギリギリの時間内での配達作業だったため、ちょっとでも準備が遅れたり、調理のほうの仕事が遅れ気味だったりすると、配達時間が間に合わなくなることもあり、何度も怒られていたことを覚えています。

それでも、比較的仕事は順調にできた方で、頼りにはされていました。辞める時にもしつこく留意されました。でも考えてみると、自分は仕事ができる方だったし、真面目に頑張ってきたつもりだったんですが、それでも配達が間に合わないことがある、ということは、やはり余程無理なスケジュールで配達をさせられていたんだな、とも思います。

クリーニング店でアルバイトをしてみて

私は20代後半からクリーニング店でアルバイトを始めました。クリーニング店で働いている人のイメージとしては「年齢層が高い」とか「クレームが多そう」とかありますよね。確かに年齢層もクレームもそれなりに多いアルバイトですが、私は働いてみて良かったと思います。

お客様の洋服を検品している間に世間話など色々と交流を図ることができたり、時には愚痴を聞いたりなど、お客様との繋がりをとても大切に思います。お客様に「ありがとう」と言って頂けると、私自身心がホッコリして嬉しく思います。

皆さんは洋服を買うときに表示タグを気にして見たことはありますか?クリーニング店では表示タグを見て、水洗いなのかドライ洗いなのか、乾燥機を使用しても大丈夫であるか確認しています。意外に乾燥機が禁止が多く、料金が高くなることがあります。

私は働いてから表示タグが気になるようになりました。お客様も「よく見て買わないとダメね」って言われる方を多く見受けます。この記事を見て、少しでも興味をもって頂いたり、クリーニング店で働いてみたいなって思っていただけたら嬉しく思います。最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

異色の在宅テレフォンレディのアルバイト

はじめてこのアルバイトを見つけたのは以外にもTVのニュース番組です。それまでそんな仕事があるなんてしらなかった。それは最初なにをしてるのかわからなかったし「えっ100万円近い収入?」(月で)この奥さん在宅で部屋にこもってなにを?という感じでした。

ニュースでは当時その在宅のアルバイト、テレフォンレディの特集をしていたのです。固定電話とびっしりと何か書き込まれたノートがあってその奥さんは旦那さんの公認のもとテレフォンレディのアルバイトをしていたのです。

私がそのアルバイトの募集の広告を見つけたのはもっと後で本当にこんなのお金になるの?という感じではじめました。まず登録を済ませるとフリーダイヤルにTELします。するとランダムに男性客と繋がり1分30~50円になるのです。

私が在宅で本業と(アパレル販売)掛け持ちでやっていた時一週間で5~6万稼ぎました。本業を離れている時は月40~50万円稼いでいました。現在はテレフォンレディの業界もそれほどのブームではないので以前のように稼ぐ事は無理ですが今でも本業と掛け持ちでお仕事しています。

男性客と会話するのですが色んな人がいて電話の仕事は奥深いというのをつくづく感じます。淡々と達観してやるのがこの仕事の特徴のような気がします。

早朝ベーカリーのアルバイト

今、私はスーパーのインストアベーカリーでアルバイトをしています。パンを焼いたりサンドイッチを作ったりというのが主な仕事です。

このアルバイトを始めたきっかけは朝アルバイトをしてから学校へ行き、夜の時間を自由に使えるようにしたいたら思ったことです。

最初は朝5時半に起きるのもつらかったし慣れない作業も多くて大変だと思うこともありましたが、今ではなんとか時間以内に自分の仕事をこなせるようになってきましたし、一緒に働いている主婦の方々と楽しく仕事ができ、このアルバイトを選んで良かったなと思います。

普段大学では話すことのない年齢、立場の主婦の方々のお話はやっぱり新鮮でおもしろくてこういう方々と仲良くさせていただけるようになったのも、大学生の定番の塾講師などのアルバイトではなくスーパーという場所を選んだからこそなのだと思います。

また、私は大学を卒業したら研究職につきたいと考えているので社会に出て働き始めてしまう前に小さい頃の夢だったパン屋さんのお仕事を経験させていただけているのはとても嬉しいことです。できれば大学を卒業するまでこのアルバイトを続けていきたいなと思っています。

接客アルバイト

高校生になったら絶対にやりたかったことがアルバイトです。中学生まではお小遣いをもらっていたけど、自分で働いたお金があれば好きなものを買ったり食べたり自由にできると思ったのですぐに始めました。

最初にしたアルバイトは家から徒歩5分ほどのよく利用するコンビニでした。昔からの友達が働いているところを紹介してもらったので、すぐ決まったし、友達がいたからとてもやりやすい環境でした。

周りのスタッフの方も、オーナーも優しく教えてくれました。コンビニはたくさん覚えることがあって最初は大変だったけど、覚えてしまえば失敗の少ないアルバイトだと思います。接客業は色々なお客さんと出会えるし、中にはすごく優しい人や少し怖い人もいましたが、たくさんの発見もあったのがおもしろかったです。

コンビニは商品の入れ替わりが激しいので、新作の商品を人より早くチェックできるのも嬉しかったです。

時給はあまり高くないけど、接客業は私に合っていてやりがいもあったし、稼いだお小遣いで友達と買い物へ行ったり今まで買えないものを買えたし、何よりいい社会勉強になったので、アルバイトをして良かったなと思いました。

20代半ば?30代の独身女性(子なし)の転職悲話

20代半ば?30代の独身女性(子なし)のフルタイム勤務への転職は、大変です。もちろんどの年代でも、男女関係なく転職は大変ですが、この年代の女性は特に、面接で結婚・出産・育児について質問されることが多いのです。

そういう質問がハラスメントにあたることは企業もわかってますので、「答えられる範囲でいいから」「嫌なら答えなくてもいいよ」などと前置きをします。

ですが、面接を受ける身としてはハラスメントだからと安易に拒否はしにくいですし、また、雇う側の事情(せっかく雇用してもすぐに辞められては困る、福利厚生や手当金目的で入社する人を防ぎたい)もあり、聞かざるを得ないのが実情だと思います。

さらに言えば、結婚・出産・育児は、企業側がこの年代の女性を不採用にするための理由に使われることもあります。いくら「結婚も出産も育児もする予定はありません」と面接で答えても、社会貢献や少子化を話題に上げて、暗に断ります。

面接官が年上の既婚女性だった場合は「女性としての経験も大事」だと諭します。いずれにしても20代半ば?30代の独身女性(子なし)がフルタイムでの転職を希望するなら、この壁を越える(または、気にしない企業を探す)必要があります。