何度も転職をして思ったこと

私は社会人3年目になりますが、恥ずかしながら既に何回も転職をしています。

最初新卒で入社した会社は、労働時間が一日に16時間から19時間だったために半年間でギブアップしてしまいました。次に入社した会社は、給料が提示額の半額になったため契約と違うということで退職しました。

次に入社した会社は、天下り部長に「やはり女性はいらない」と言われて解雇になりました。更にその次に入社した会社は、水道が出なかったり粗大ごみが溢れていたりして不潔だったため、肌がただれてしまい退職しました。そして、派遣の仕事で働きながら転職活動をしていたところ、今の会社に内定をもらうことができました。

このように私は、社会人3年目にして何回も転職をしています。あまり誇れたことではないですが、転職を通して学んでことはたくさんあります。まず、女性の中途採用はかなり厳しいということです。女性というだけで、結婚したら辞めるかもしれないと思われてしまいます。

社会の風潮は厳しいと思いました。次に思ったことは、求人票と現実は差が大きいということです。実際入ってみないと何も真実はわかりません。最後は女性の営業職希望はなかなか決まらないということです。私は営業職希望でしたが、男性社会ということもあり厳しいものがあります。